地震に強い家を建てる|日本屈指の技術を持っているサカエ建設|安心して依頼できる企業

日本屈指の技術を持っているサカエ建設|安心して依頼できる企業

家

地震に強い家を建てる

外観

日本は地震大国として知られています。過去には大きな被害も受けて来ており、その度に建築基準法が見直され法改正がなされて来ていて、最近の法改正は1981年と2000年にありました。1970年代に入って北米大陸から入って来て施工されるようになったツーバイフォー工法はその後国内において多く施工されるようになりました。これまでに阪神や東北地方で起こった大規模な地震にも被害が少なかったことが実証されこれは地震に強い家と言えそうです。最近は木造在来工法も耐震等級が設けたりして建築基準法の規定よりも耐震強度の高いものも現れて来ています。又、施工会社によって独自の耐震工法がとられるようになって来ていて、その中でも制震工法とか免震工法とかは良く知られています。

躯体の重量が小さな家は地震に強い家とされ、これを重くすると大きな地震力を受けるために不利になるとされます。木造で平屋建ての場合は2階建ての場合よりも重量も少ないので地震に強い家とされています。木造枠組壁工法、一般にツーバイフォー工法と呼ばれるものは床や4方の壁、2階の床や屋根が面構造でマッチ箱のように堅固になるので耐震的とされ、同時にハリケーンタイと呼ばれる金具が用いられていて台風のような強風にも強いとされています。鉄筋コンクリート造は形状も自由にデザインでき、広い居住空間を作ることも可能であり、又、構造計算に従って計画されますので設計や施工が正しく行われると地震に強い家とされています。その他に発砲スチロールで作られたドームハウスが九州地方で多く建てられていますが重量も軽く、耐震性に優れているとされます。